HOME >腎臓のトラブル

お悩み・症状別食事法

腎臓のトラブル

お悩み・症状別一覧に戻る

お悩み・症状別おすすめ簡単レシピ
腎炎
腎臓には、毛細血管が糸くず状にかたまった糸球体という組織があり、血液を濾過して尿を作っていますが、この糸球体に症状が起こるのが腎炎です。
急性腎炎
溶連菌などの感染によって抗体が作られ、細菌と抗体が結合したものが腎臓に入り、糸球体が障害を起こします。子どもに多く発症しますが、1割くらいは慢性に移行します。食事や水分の制限が必要です。(病状によっては塩分、たんぱく質、カリウムの制限があります)
【慢性腎炎】
急性腎炎が治りきらずに移行するケースも多少ありますが、9割は原因不明です。自覚症状が少なくて放置すると腎不全になります。(腎機能が正常であれば食事の極端な制限はありませんが、塩分は控えます)
腎盂炎(じんうえん)
正式には腎盂腎炎(じんうじんえん)といわれます。多いのは膀胱炎から移行するケースです。症状は、寒気、高熱、むかつき、嘔吐、全身倦怠感、腎臓のあたりの痛み、腰痛で頻尿や残尿感、排尿時の痛みといった膀胱炎の症状を伴うことがあります。利尿作用のあるカリウムを取り、水分も取るようにします。
ネフローゼ症候群
ひとつの疾患を指すのではなく、原因疾患が何であれ、高度のたんぱく質尿と低たんぱく質血症、脂質代謝異常症、浮腫[ふしゅ](むくみ)などを呈する症候群をいいます。原因は腎炎がほとんどですが、糖尿病や全身性エリテマトーデスなどといった他の病気の合併症として起こる場合もあります。
腎不全
糸球体の硬化と間質の繊維化が進行して腎機能が低下した状態で、尿の出が悪くなります。腎不全は急性(大出血ややけど、ひどい下痢や嘔吐により体液や電解質が大量に失われます)と慢性(長期にわたって徐々に腎臓の働きが低下し、初期は自覚症状が乏しく、進行すると尿毒症になります)があります。
尿毒症
腎臓の働きが極端に落ちたために、尿の中に排泄されるべき老廃物が身体の中に貯まってしまう状態で、むくみ、嘔吐、倦怠感、食欲不振、頭痛、呼吸困難、貧血、かゆみなどの症状が現れます。食事制限が必要で、食物繊維とIPA(EPA)は大切です。善玉腸内細菌が増えることにより、アンモニアの生成を抑えます(血中尿素の減少にも良いです)。但し、カリウム制限がある場合が多いので野菜は茹でこぼして使うと良いでしょう。

食事と対策

医師からナトリウム(塩分)、たんぱく質、カリウム、水分、エネルギーの制限を受けている場合は、その範囲内になるよう調整をしましょう。

基本となる15のポイントはこちら→

1効果的な栄養素、食品

  • 主食は未精白穀物にします。(玄米や分づき米、白米+玄米発酵食品、全粒粉で作ったパンや麺類、そば)。未精製穀物は、ビタミンB群・セレン・亜鉛といった腎臓の働きに関わる微量栄養素を多く含みます。
  • 腸内環境が悪くなるとアンモニアが発生し、腎臓に負担をかけてしまいます。腸内の善玉菌を増やす、食物繊維を取りましょう。(野菜、海藻、大豆、玄米)
  • IPA(EPA)、DHAは炎症を抑え、腎臓を保護する作用と血流を良くする作用があります。(青背魚<さば、いわし、さんま>、魚油)
  • 塩分を控え、酸味(レモンや酢)、生姜などの香味野菜、低刺激性の香辛料を活用し、塩分が少なくても満足できる味になるよう工夫します。
  • 医師からカリウムの制限を受けていない場合は、カリウムの多い食品(野菜、海藻、豆類)、利尿効果のある食品(スイカ、トマト)を取りましょう。
  • カルシウムは充分に取ります。腎臓機能が低下すると、カルシウムの吸収に関わる活性型ビタミンD3が作られないので骨粗鬆症になりやすくなります。(魚介類、野菜類、菜の花、モロヘイヤ、小松菜、葉大根、豆類、えんどう豆、生揚げ、がんもどき、木綿豆腐など)
  • マグネシウムはカルシウムを調節するので、マグネシウムの多い食品を取ります。(ひじき、大豆、玄米、玄米発酵食品

2控えたい食品

  • カリウム制限がある場合、野菜はゆでこぼし、カリウムを減らすなど調理上の注意を必要とします。摂取量については医療機関の指示に従ってください。
  • 腎臓に負担をかける精製塩は避けます。
  • 塩分・水分の制限があれば調節をし、むくみを防ぎます。摂取量については、医療機関の指示に従ってください。
  • 刺激の強い香辛料やアルコール飲料は避けます。
  • たんぱく質は多くならないよう、1日の摂取量は30〜35gとします。たんぱく質が体内で分解した時に出る窒素化合物が多くなると、排泄されずに蓄積され、腎臓に負担がかかります。動物性たんぱく質を避け、大豆等の植物性食品で取るようにします。医療機関から制限の指示が出ている場合はそれに従ってください。
  • 白砂糖やそれを含む菓子類、ジュース類は避けます。
  • リンの多い食品は控えます。(加工食品、チーズ・卵など動物性食品、ジュース類)

PAGE TOP